高崎 脱毛

勧誘されても必ず断る方法は、契約する気がないアピールをすること!

脱毛サロンへ行くことを決めたとき、誰もが気になるのが“執拗な勧誘”ではないでしょうか。

 

確かに脱毛サロン=しつこい勧誘を受ける、という印象がありますよね。

 

しかし、最近の脱毛サロンでは、契約するまで帰さない!というような強引な勧誘があったり、こちらが希望していない大きなコースを無理やり勧めてきたりというような無茶苦茶な勧誘をするところはほとんどなくなってきました。

 

しかし、サロン側も顧客を増やし、契約してもらうことが仕事ですから、多少は、施術部位の多いコースを推してきたり、サロンの中でも特に力を入れているコースの契約を勧められたりすることはあるでしょう。

 

では、もしもしつこい勧誘を受けた場合どのようにして対処すればいいのかをお伝えしていきます。

 

万が一勧誘を受けた時のために断り文句をかんがえておきましょう。

 

まずはじめは“お金がないことをアピール”しましょう。

 

サロン側も商売ですから、お金がないと言っている人にまでしつこく勧誘はしてきません。

 

ですから、事前カウンセリング時に記入するカルテには“専業主婦”もしくは“無職”と記入しておきましょう。

 

そして勧誘を受けた際に、家族の許可がないと自分1人でお金を自由に使うことはできない、とアピールします。

 

それでも、まだ勧めてくるようであれば“契約の意思はない”とはっきり言いましょう。

 

へたに『そのコースよさそうですね』『興味があります』などと相槌を打ってしまうと、押せば契約してくれるかも、と更に勧誘がエスカレートする可能性があります。

 

そして最後のとどめとして『用事や仕事などで忙しい』ときちんと伝えることです。

 

最近では優良サロンが大半ですから、ここまで言っているのに『そういわずに契約を』と言ってくるようなサロンはほとんどありません。

 

もし万が一、しつこい勧誘があるならばそのサロンは悪質サロンですので、流されて契約をしてしまうようなことのないように気をつけましょう。

 

脱毛サロンは1度通えば終わり、というものではありません。

 

脱毛終了までに数年通う人も大半ですから、こんなはずじゃなかったのに・・などということにならないように、凛とした態度で断れば、それ以上言ってこられることはありませんよ。